質屋の世界に入ったきっかけ。

最近、人に良く聞かれる質問ナンバー1がこの質問なのです。

「社長はなんで質屋になったの?」

本当によく聞かれます。

世間の皆様にとって質屋って珍しいレアな存在らしいのです。

あなたの周りに質屋の経営者が何人いるか数えてみてください。

あまりいないと思いますよ~。

では、僕が質屋になったきっかけを書きます。

若いころの事です。

年の頃なら25歳くらい。

当時の僕は若さと体力だけが取り柄の売れないカメラマンでした。

まったく食えず、明日の晩御飯にも困ってた時の事です。

たまたま知り合いから質屋の社長を紹介されました。

質屋に行って相談するも質入れする品物はカメラ機材しかない。

これを質入れすると写真の仕事が一切出来なくなるのでそれは出来ない。

さて、どうしたものか・・・・・

悩んでいる僕に質屋の社長から神のお言葉がありました。

「おまえ、このカメラがないと困るだろう?」

「だったら、うちで便所掃除のアルバイトやらせてやるよ。」

飛びつきました。

時給800円のその日払いの条件で便所掃除のアルバイトをゲット!

次の日からやりましたよ~。

しかし、すぐに問題発生です。

その質屋にはトイレが1つしかなく、10分で仕事が終わってしまうのです。

10分でも質屋の社長は800円くれました・・・・・

だがしかし、

足りないのですよ。

25歳の男の子には800円じゃ足りないのですよ。

そこで一つしかないトイレを時間をかけてきれいにすることにしました。

最終的には5時間くらいの長い時間をかけて掃除しました。

もう、5時間掃除して綺麗に磨き上げると不思議な感情は湧き上がるのです。

「俺はこの便器をなめられる!」

ずーっとそう思って便所掃除をしていたので、つい、ポロッと社長に言っちゃいました。

「僕はこのトイレをなめられるくらいにいつも掃除してますよ。」

すると社長は

「じゃあなめて見せて」

えっ、なめるの?

と一瞬だけ思いましたが、すぐになめましたよ、便器を!

それを見た社長は、

「明日からは店を手伝え。」

この瞬間が僕の質屋人生のスタートです!

次の日から質屋の小僧としての丁稚奉公と言う名の修業が始まります。

質屋VS買取専門店

町中に溢れている買取専門店様。
一つの駅の周りに何店舗も見かけます。
『金、プラチナ買取』、『ブランド品高価買取』、『ROLEX高く買います』……
何故、こんなに買取専門店が多いのか?
質屋のプロフェッショナルであるTRIGOが考えてみました。

1、大手フランチャイズグループの台頭と努力
街を歩くと黄色い看板やオレンジ色の看板などの有名フランチャイズ加盟店をよく見かけますよね。リユース業界がこれだけ成長した一因は間違いなく有名フランチャイズ企業がものすごい努力をして宣伝や加盟店を増やして行きました。
使わなくなった物を売ると言う意識を日本人に植え付けたのも彼らかもしれません。

2、参入、開業のしやすさ。
買取専門店の開業は質屋を開業するのに比べて非常に簡単なのです。
まず必要なのが『古物商』です。
これは必要書類を揃えて手数料と一緒に警察に持って行けば40日前後で許可が降ります。
そして『店舗』です。
買取だけなら省スペースでOK!最小で4坪前後でも出来ます。
後は『買い取り資金』です。
基本はこれでOKなのです。

買取専門店のFCに加盟すれば品物の査定の仕方や、お店の運営方法等の様々な事をパーッケージで買えます。

3、キャッシュフローの速さ。
買取専門だと運転資金(買い取り資金)の回転が速いのです。
例えば、午前中にお客さんから30万円でROLEXを買いました。
それを業者に売るとすると最短でその日の内に売って現金を手にする事が出来ます。
小売りするなら利幅は大きいがいつ売れるかわかりません。
業販なら現金化が早いのです。

この3つの視点から考えても起業しやすいビジネスとわかります。

次に買取専門ビジネスの問題点、課題、弱点を質屋と比較しながら考えてみます。

①、店舗数が多すぎる故の競合他社との凌ぎ合い。
駅前の徒歩圏内に数店舗以上あるのが今の現状です。
お客さんは少しでも高いお店に売りたいが為、何店舗も回ります。
買取店が高く買うと言う事はお店の利益が減るという事。
つまり、資金力の弱いお店は勝ち残る事が出来ません。

それに対し質屋は店舗数自体が少ないのです。
全国で3000件を切ると言われている質屋の実店舗数を考える競合他店が圧倒的に少ないのです。
ライバル店が少ないという事はビジネスとして大きな利点です。

②、収益構造が基本1つしかない。
お客さんの品物を安く買い取ってそれを早く高く売る。
これだけです。
買えなかったら終わりです。

一方、質屋は買取専門店には絶対に出来ない質預りが出来ます。
質預りは手数料商売です。
お客さんの品物をお預かりしてその保管料を頂きます。
その保管料の基準となるのが、質屋営業法で決められてる上限利率が109.5%です。
店舗の場所にもよりますが1カ月の保管料(利息)が9%頂けます。
日本の金融業の中で最高の利率が質物保管料なのです。
質蔵の中に1000万円の質預り高があれば1か月の利息収入が90万円。
1年間の利息収入になると1080万円です。
これが固定収入です。
この質預りに質屋は買取も出来ます。
質屋の買取は質預りでしっかりと固定収入が生まれる為、普通にやっても買取金額が高く買えます。
つまり、質屋は収益構造が2つあるのです。相乗効果で質預りも買取のお客さんも増えて行きます。

③、買取品は1回買ったらもう終わり。
買取専門店の場合、お客さんからシャネルの時計を買い取りしたら・・・
それを次に売ってしまえばもう終わり。その時計は1回しか利益を生みません。
方や質屋は、質預りでシャネルの時計を預かればその期間に応じて保管料が入ります。そしてお客さんが品物を出質(品物を出して持ち帰る事)あと、高確率でまた持ってきます。
つまり、一つの品物が何度も何度も質屋とお客さんの間を行ったり来たりします。
その度に質屋には利益が出ます。
直営店の質屋には3年以上に渡って品物を預けてるお客さんがいます。
1つの品物を2年間で9回も質預りした方がいます。
1か月の間に同じ品物を4回も質預りと出質を繰り返す人がいます。
質屋業は一人のお客さんと長~いお付き合いが出来るのです。

もちろん質屋ビジネスにも問題点や課題はあります。
それを一つ一つTRIGOと一緒に考えて行きましょう。

 

さあ、これを読んで質屋と言うビジネスに興味を持たれた方はTRIGOへアクセス!

 

 

 

GO ahead and TRI

ラジオ出演の告知!

明日、2月17日(金曜日)の18:35~
レディオ湘南(FM83.1)の番組「Delight」内の弊社提供のコーナー
『GO ahead and TRI』があります。
MC 今城謙士さんと弊社代表の小原大輔がお送りする、
日本初の質屋HOW TO バラエティー番組です。
質屋になるにはどうすればよいのだろうをテーマに月に1回トークを繰り広げます。

明日の放送は第5回目。
「質屋になってからの毎日」をテーマにトークします。

特別ゲストに株式会社トラストワイズプロダクションの山中直彦社長にも参加して頂きます。

こうご期待!

質屋開業支援、ブランド品貴金属の高価買取

TRIGO株式会社