質屋の世界に入ったきっかけ。その2

続きが読みたいとのご要望にお応えしまして書いちゃいます。

便所掃除専任アルバイトから質屋の丁稚(下働き、小間使い)に昇格?した僕はトイレ以外の掃除も許されたのです!

朝は誰よりも早く来てまずは表周りからの掃除をします。

店頭~店の周囲~そして5軒先の建物の前~面している道路~店内へ

接客スペース~展示スペース~事務所~トイレ~流し~質蔵~社長室

それは毎日怒涛の如く掃除しまくりました!

先輩スタッフからは掃除大臣とか掃除大将軍と言われてました。

後輩が入ってくるまでの約2年もの間で一生分の掃除をしました。

(だから今は掃除をあまりしないダメ人間になり下がりました。)

そして、質屋で働くようになって初めて触るブランド品の数々・・・・

ルイヴィトンやシャネル、エルメス等、噂程度にしか知らなかったブランド品が僕を襲ってくるのです。

25歳のアディダスのバッグ使っている僕には、上記の高級ブランドの良さが全く分からないのです。

ルイヴィトンのモノグラムの柄なんてかっこ悪くて受け付けません

シャネルのマトラッセのショルダーが中古で使用感たっぷりなのに7万円の値段をつける先輩の頭が可笑しいとさえ思っていました。

2万円の国産時計を腕にしてる僕からすれば50万円で質預りするROLEXが信じられませんでした。

カルチャーショック!

あなたの知らない世界!

金庫の中には帯の付いた札束がいくつもありました。

とんでもない世界に来ちまったなぁ~。

これが当時の正直な僕の思いでした。

でもね、1か月たち、2か月たち、3か月もたつと、その世界が当たり前になっていたのです。

あのかっこ悪いと思っていたルイヴィトンのモノグラムが素敵に見えてくるのです。

そして、半年もたつ頃には財布、定期入れ、セカンドバッグをLVのモノグラムで揃えていたのです。

朱に交われば赤くなる。

郷に入りては郷に従え。

丁稚奉公は結構辛かったですが、質屋の仕事が面白くなっていったのもその頃からでした。

TRIGO株式会社は質屋さんになりたい方の開業支援を行っております。
金融業の特権階級と言われている「質屋業」
自分の資産を年利最大109.5%で運用できるのが質屋なのです。

投稿者: TRIGO(株)

新横浜で質屋さんで独立開業したい方のお手伝いをしてます。 ブランド品やジュエリーの高価買取もやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です