質屋の質蔵

質屋を利用しているお客様から預けた品物はどこに保管しているの?

なんて事を、質問されることがあります。

質屋は同じ敷地内に質蔵という品物の保管設備を持っています。

お客様の品物を大切に預かる為、防火や防犯などが備わっている堅牢な設備です。

この質蔵はその頑丈さゆえにこのような逸話も残っています。

東京大空襲であたり一帯焼け野原になってしまったところ、質屋の質蔵だけはそっくりそのまま残っていた。

また、世界大恐慌期で庶民の生活も苦しかった昭和4年(1929)12月に、政府の融資を受けて沖縄に設立された村営の質屋では、沖縄戦で島南部の米軍上陸地点から侵攻する方向(日本軍陣地のある「城山」の麓方面)に位置したために、海上の軍艦から多くの砲弾が打ち込まれた。おびただしい弾痕が壁一面に残りながらも、現在も戦跡として原形が保たれている。

こちらの建物も戦前のコンクリート建造物研究の観点からも注目されています。

このように、質屋の歴史の中に質蔵は欠かせない存在であり、頑丈な質蔵があるからこそ質屋はお客様のお品物を大切に保管することができるのです。

 

投稿者: TRIGO(株)

新横浜で質屋さんで独立開業したい方のお手伝いをしてます。 ブランド品やジュエリーの高価買取もやってます。