商売としての質屋業(その1)

弊社は日本でも珍しい質屋開業支援サービスを行っております。
今まで参入が難しいと言われていた質屋業を経験の無い方でも質屋さんにします。
現在もたくさんの問合せを頂いております。
日々、質屋開業に興味のある方とお話しさせて頂いております弊社ですが、
その中でも必ずと言っても良い程聞かれる質問がいくつかあります。
その1つが

「本物と偽物の見分け方って難しいのでしょう?」
「素人には真贋の見分けは難しいですよね?」
「偽物を掴まされたらどうするんですか?」

つまり

『真贋』

についての不安です。

ご安心ください。

質屋業に精通した弊社スタッフがしっかりと研修で指導します。
開業後も5年間のサポートが弊社との契約に付きますので、安心して質屋の営業が出来ます。

僕たち質屋さんは一つの品物をいろんな角度から分析をして真贋を見極めます。

質屋としての、その物の味方をしっかりと伝授いたします!

21世紀の質屋の商材

質屋開業支援のプロフェッショナル集団のTRIGIO株式会社へは、
日々、質屋になりたい個人様、質屋をやりたい法人様からのたくさんのお問い合わせがございます。

その中で、質屋で取り扱う商材のご質問が良くあります。

高級ブランド品や貴金属、高級時計ばかりが質屋の取扱品目と思われがちですが、
生活に使っている道具類も、大事な取扱品目に入るのです。
例を挙げると、スマホやタブレットなどです。これらは質流れする確率が少ない傾向にあり、しっかりと保管料を確保できます。
そして、万が一質流れしても高価で売る事が可能な商品なのです。

この写真はTRIGIO株式会社の直営店の質の七つ屋の質蔵に保管されているものです。
質屋開業は決して怖い物ではありません。
しっかりと弊社のサポートを受ければ質屋になれます!

お気軽にお問い合わせください。

 

質屋開業縁支援実績

TRIGO株式会社での質屋開業支援サービスの実績紹介です。

川崎市貝塚にプレオープン中の新店

『 鶴吉質店』http://tsuru-kichi.com/

オーナー様のご要望にお応えして、

素敵なお店が出来ました。

TRIGO株式会社は質屋を作る日本のリーディングカンパニーを目指しております。

 

 

質屋開業にご興味のある方は、

お気軽にお問い合わせください。

 

質屋は年利109.5%のストックビジネスです!

 

 

質屋の世界に入ったきっかけ。その2

続きが読みたいとのご要望にお応えしまして書いちゃいます。

便所掃除専任アルバイトから質屋の丁稚(下働き、小間使い)に昇格?した僕はトイレ以外の掃除も許されたのです!

朝は誰よりも早く来てまずは表周りからの掃除をします。

店頭~店の周囲~そして5軒先の建物の前~面している道路~店内へ

接客スペース~展示スペース~事務所~トイレ~流し~質蔵~社長室

それは毎日怒涛の如く掃除しまくりました!

先輩スタッフからは掃除大臣とか掃除大将軍と言われてました。

後輩が入ってくるまでの約2年もの間で一生分の掃除をしました。

(だから今は掃除をあまりしないダメ人間になり下がりました。)

そして、質屋で働くようになって初めて触るブランド品の数々・・・・

ルイヴィトンやシャネル、エルメス等、噂程度にしか知らなかったブランド品が僕を襲ってくるのです。

25歳のアディダスのバッグ使っている僕には、上記の高級ブランドの良さが全く分からないのです。

ルイヴィトンのモノグラムの柄なんてかっこ悪くて受け付けません

シャネルのマトラッセのショルダーが中古で使用感たっぷりなのに7万円の値段をつける先輩の頭が可笑しいとさえ思っていました。

2万円の国産時計を腕にしてる僕からすれば50万円で質預りするROLEXが信じられませんでした。

カルチャーショック!

あなたの知らない世界!

金庫の中には帯の付いた札束がいくつもありました。

とんでもない世界に来ちまったなぁ~。

これが当時の正直な僕の思いでした。

でもね、1か月たち、2か月たち、3か月もたつと、その世界が当たり前になっていたのです。

あのかっこ悪いと思っていたルイヴィトンのモノグラムが素敵に見えてくるのです。

そして、半年もたつ頃には財布、定期入れ、セカンドバッグをLVのモノグラムで揃えていたのです。

朱に交われば赤くなる。

郷に入りては郷に従え。

丁稚奉公は結構辛かったですが、質屋の仕事が面白くなっていったのもその頃からでした。

TRIGO株式会社は質屋さんになりたい方の開業支援を行っております。
金融業の特権階級と言われている「質屋業」
自分の資産を年利最大109.5%で運用できるのが質屋なのです。

質屋VS買取専門店

町中に溢れている買取専門店様。
一つの駅の周りに何店舗も見かけます。
『金、プラチナ買取』、『ブランド品高価買取』、『ROLEX高く買います』……
何故、こんなに買取専門店が多いのか?
質屋のプロフェッショナルであるTRIGOが考えてみました。

1、大手フランチャイズグループの台頭と努力
街を歩くと黄色い看板やオレンジ色の看板などの有名フランチャイズ加盟店をよく見かけますよね。リユース業界がこれだけ成長した一因は間違いなく有名フランチャイズ企業がものすごい努力をして宣伝や加盟店を増やして行きました。
使わなくなった物を売ると言う意識を日本人に植え付けたのも彼らかもしれません。

2、参入、開業のしやすさ。
買取専門店の開業は質屋を開業するのに比べて非常に簡単なのです。
まず必要なのが『古物商』です。
これは必要書類を揃えて手数料と一緒に警察に持って行けば40日前後で許可が降ります。
そして『店舗』です。
買取だけなら省スペースでOK!最小で4坪前後でも出来ます。
後は『買い取り資金』です。
基本はこれでOKなのです。

買取専門店のFCに加盟すれば品物の査定の仕方や、お店の運営方法等の様々な事をパーッケージで買えます。

3、キャッシュフローの速さ。
買取専門だと運転資金(買い取り資金)の回転が速いのです。
例えば、午前中にお客さんから30万円でROLEXを買いました。
それを業者に売るとすると最短でその日の内に売って現金を手にする事が出来ます。
小売りするなら利幅は大きいがいつ売れるかわかりません。
業販なら現金化が早いのです。

この3つの視点から考えても起業しやすいビジネスとわかります。

次に買取専門ビジネスの問題点、課題、弱点を質屋と比較しながら考えてみます。

①、店舗数が多すぎる故の競合他社との凌ぎ合い。
駅前の徒歩圏内に数店舗以上あるのが今の現状です。
お客さんは少しでも高いお店に売りたいが為、何店舗も回ります。
買取店が高く買うと言う事はお店の利益が減るという事。
つまり、資金力の弱いお店は勝ち残る事が出来ません。

それに対し質屋は店舗数自体が少ないのです。
全国で3000件を切ると言われている質屋の実店舗数を考える競合他店が圧倒的に少ないのです。
ライバル店が少ないという事はビジネスとして大きな利点です。

②、収益構造が基本1つしかない。
お客さんの品物を安く買い取ってそれを早く高く売る。
これだけです。
買えなかったら終わりです。

一方、質屋は買取専門店には絶対に出来ない質預りが出来ます。
質預りは手数料商売です。
お客さんの品物をお預かりしてその保管料を頂きます。
その保管料の基準となるのが、質屋営業法で決められてる上限利率が109.5%です。
店舗の場所にもよりますが1カ月の保管料(利息)が9%頂けます。
日本の金融業の中で最高の利率が質物保管料なのです。
質蔵の中に1000万円の質預り高があれば1か月の利息収入が90万円。
1年間の利息収入になると1080万円です。
これが固定収入です。
この質預りに質屋は買取も出来ます。
質屋の買取は質預りでしっかりと固定収入が生まれる為、普通にやっても買取金額が高く買えます。
つまり、質屋は収益構造が2つあるのです。相乗効果で質預りも買取のお客さんも増えて行きます。

③、買取品は1回買ったらもう終わり。
買取専門店の場合、お客さんからシャネルの時計を買い取りしたら・・・
それを次に売ってしまえばもう終わり。その時計は1回しか利益を生みません。
方や質屋は、質預りでシャネルの時計を預かればその期間に応じて保管料が入ります。そしてお客さんが品物を出質(品物を出して持ち帰る事)あと、高確率でまた持ってきます。
つまり、一つの品物が何度も何度も質屋とお客さんの間を行ったり来たりします。
その度に質屋には利益が出ます。
直営店の質屋には3年以上に渡って品物を預けてるお客さんがいます。
1つの品物を2年間で9回も質預りした方がいます。
1か月の間に同じ品物を4回も質預りと出質を繰り返す人がいます。
質屋業は一人のお客さんと長~いお付き合いが出来るのです。

もちろん質屋ビジネスにも問題点や課題はあります。
それを一つ一つTRIGOと一緒に考えて行きましょう。

 

さあ、これを読んで質屋と言うビジネスに興味を持たれた方はTRIGOへアクセス!

 

 

 

GO ahead and TRI

ラジオ出演の告知!

明日、2月17日(金曜日)の18:35~
レディオ湘南(FM83.1)の番組「Delight」内の弊社提供のコーナー
『GO ahead and TRI』があります。
MC 今城謙士さんと弊社代表の小原大輔がお送りする、
日本初の質屋HOW TO バラエティー番組です。
質屋になるにはどうすればよいのだろうをテーマに月に1回トークを繰り広げます。

明日の放送は第5回目。
「質屋になってからの毎日」をテーマにトークします。

特別ゲストに株式会社トラストワイズプロダクションの山中直彦社長にも参加して頂きます。

こうご期待!

質屋開業支援、ブランド品貴金属の高価買取

TRIGO株式会社

質屋への誤解(その2)

前回の投稿に続いて、
もう一つみなさんが質屋さんに対して誤解をしている部分を書きます。

最近、この業界の人間ではない方といろんな場所でお話をする機会があります。
「質屋開業支援の会社をやっています。」「湘南で質屋をやっています。」
等と自己紹介をして名刺交換をすると、大体二通りの答えが返ってきます。

1つ目が「質屋さんて珍しいね。」
2つ目が「家には質屋に持って行くものがないよ。」

1つ目は現在質屋の数が少ないので希少価値の意味でも正解ですね。

今回のブログのポイントはこの「2つ目」です。

前回のお話で質屋は売らなくもていいんだよ。
預けるだけでも大丈夫。と書きました。
一時的に預けるだけなのですから、今持ってる物で質預りが可能なはずです。

例えば、給料日までの5日間を凌ぐ為に2万円必要だとします。
5日後に品物を取りに行く前提なら今使用中の何かで大丈夫です。
ノートPCを5日間だけ使用を我慢すれば質屋で2万円融通してもらえます。
プレイステーション4のようなゲーム機も5日間我慢すれば質屋で2万円で質預りが可能かもしれない。
通勤で使ってる原付スクーターも5日間電車で通勤すれば2万円が手元に来ます。
テレビ、iPad、BDレコーダー、デジカメ、これらも売らなくてもいいとわかってれば、質屋に持って行ける物となります。

そう考えると、質屋さんの取扱品目はかなり豊富なのです。

上の写真はどれも質預りの対象商品です。

LGsimフリースマホ、スクーター、AKB48のDVD、古い腕時計。

貴金属やジュェリー、ブランド品や高級時計は当たり前ですが、
上記の商材もしっかりと利益が取れるのです。

だからこそ、質屋は安定して長~く商売が出来るのです。

さあ、みなさんも質屋さんで独立開業して安心経営で末永く商売してみませんか?